• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 774
  • 公開日時 : 2017/02/23 19:15
  • 更新日時 : 2018/08/02 12:52
  • 印刷

信用取引貸株料はなぜ負担する必要があるのですか?

回答

平成14年2月26日付で金融庁より公表された「空売り規制の遵守状況に関する総点検結果等を踏まえた対応について」において、 「制度信用取引における株券調達コストの更なる見直し」にかかる要請を各証券取引所、日本証券業協会および各証券金融会社が受けたことに基づき、 2002年5月7日より貸株等を利用する証券会社から貸付株券等の価格に対して一定率を乗じた金額を「貸借取引貸株料」と して日々徴収することが決定されました。

「信用取引貸株料」はこの決定に伴って新設され、2002年5月7日新規売建約定分より信用取引における新規売却建玉に対し、 その約定金額から一定率を乗じた金額を日々お客さまにご負担いただくことになりました。
※現在の貸株料は年率1.15%です。(2017年2月現在)

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます